月別アーカイブ: 2024年5月

講座報告:5/25 脳卒中の予防

元気なコミュニティー協議会(ゲンコミ) 生涯学習連続講座の報告です
令和6年5月25日(土) 10時~11時半 町民センター2Aクラブ室

「脳卒中の予防」
    講師:権藤 学司(湘南大磯病院長)

湘南大磯病院から先生をお招きしての第2回目。院長が代わられ、まずは権藤院長の専門である脳神経外科の内容を伺いました。
「私の専門は、脳脊髄外科である」と仰る。信頼を寄せる患者さんも多いのだろうと思わせる優しい語り口でした。

前半では、脳卒中はどのように起こるか。後半では予防について。
脳の血管に血の塊ができて詰まる状態にも、動脈硬化により細くなった血管に塊が詰まる状況と、心臓から塊が飛んできて
脳血管につまった状況とある。ステントを入れたり血栓を除去するなど手術の様子も動画で紹介されました。
体感として、半身麻痺・失語・視力障碍などが数分で戻る状態の場合、そのままにしてしまう方がおられるが、すぐに病院へ
行くことを警告。このことを一過性脳虚血発作と言うそうです。血管の破裂は2週間以内の再破裂が2割。
お話を聞きながら改めて、外科医による手術の決断や神経が張り詰める作業に敬服いたしました。

予防は、手始めに高血圧から治す、とのこと。糖尿病や不整脈、高コレステロールも放っておかずに受診。
タバコは止めて、アルコール・食事の塩分・脂肪を控える。体力に合った運動続けること。

最後に、湘南大磯病院の新設計画について教えていただきました。
現在施設がある場所の北側に新病院を建てる。
令和7年1月までに設計を終わらせる
    9月ごろに着工
その後、仮工事などを経て、建屋は4年後ぐらい。
駐車場など整備して、完成は5年後、というあたりになるだろうとのこと。
どんな病院が欲しいか、地域の声を出してください、と。

今回の参加者は48人。関心の高いテーマだったと思います。
質問時間には、皆さんが抱えておられる心配や過去のこと、検査などについて丁寧に答えていただきました。

6/22生涯学習連続講座:便利で楽しいスマホ生活

スマートフォンは生活に欠かせないツールの1つになりました。
総務省が公開している令和5年版 情報通信白書によると、スマホの保有率は77.3%となっており、その割合は年々増加しています。

一方で、スマホは持ったけどどう使ったらいいの?、どのアプリがいいの?、という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
この講座では、生活や仕事を楽しく豊かにするスマホ活用について、3人の講師がそのノウハウを披露します。

と き:6月22日(土)10:00〜12:00
ところ:町民センター 2Aクラブ室
講 師:佐藤 祐一 氏(ゲンコミ デジタル部会長)、ほか2名
参加費:500円
定 員:40名

Web申込みは、こちらから → WEB申込みページ
メール申込み gakusyu@gen-comi.jp  お名前と講座名をご連絡ください。

画像をクリックすると拡大表示(PDF表示)できます

講座報告:5/3 楽しく学ぼう山野草

●元気なコミュニティ-協議会(ゲンコミ)生涯学習連続講座●
令和6年5月3日(金)10:00〜12:00 atラディアンミーティングルーム2(参加者;50名)
・講座名;楽しく学ぼう山野草
・講師:富田裕明氏(植物研究家、NHK趣味の園芸講師)

1.講座の概要
・学生の頃から数十年、植物の観察、研究に携わり、今回はその中から・スミレ、ニリンソウ、カタクリ、サクラソウ、イワタバコ、エビネ、コマクサ、ニッコウキスゲ、雪割草‐‐‐‐。野に、山に、平地に、山野草を観察し、楽しむ季節がやってきました。あちこちで巡り合う山野草について基本知識があれば山歩き、ハイキングが一層楽しくなるのは請け合いです。植物栽培、自生地探訪をライフワークにする講師にそのツボを伝授して頂きました。

2.印象に残った内容(講義より抜粋;①スミレについて②自生地見学の注意点)
●5月、6月頃は本格的な暑さが来るまでは手軽な場所で山野草の観察する良い季節●

①スミレを見分けられると楽しいポイント;スミレ約28種類を画像で紹介しながら、茎の立ち上がり、花びらや葉の毛、花びらの角度、葉の形、自生地の環境等について特徴を解説で興味がわく内容。
例えば、目立ってきれい、空色、茎が立つ、林の下に多い「タキツボスミレ」や箱根の乙女峠にいっぱいあり名前の由来になっている「オトメスミレ」また国府津駅の線路脇にいっぱい咲く葉っぱが長く大きい「スミレ」舗装道路の割れ目で見かける「ヒメスミレ、アリアケスミレ他」など、人家、山、道路脇などの身近なところでも観察できる。

②生息地見学の注意点;・植物の観察撮影時間は余裕を持って計画・手軽な場所でも登山基本装備
・低い山でも枝道が多いので地図で確認・ルートを外さないように観察(若芽、冬眠植物へ悪影響)

3.所感等
・NHKの朝の番組に出演されてるだけあり、植物知識の深さ、親しみ易い口調で大変聞きやすく、会場の反応に都度応えるなど会場と一体感ある講義であった。研究の一部を写真を交え山野草の咲く時期で季節感を感じることができ、講義内容で初心者から熟練の山野草愛好家まで「出かけたくなる、観察が楽しくなる」実践的行動の動機つけになった有意義な時間になりました。
・山野草に関心があるファンの多さにビックリしました、参加者の方はお話、画像で刺激をたくさんもらえたかと思います。

講座の様子
スミレの解説
キスミレの解説
ミズバショウの解説

講座レポート(PDFファイル)は、こちら